So-net無料ブログ作成
検索選択

男性看護学生交流会を12日に開催(医療介護CBニュース)

 東京都立府中看護専門学校は、男性の看護学生と看護師が交流を通じて看護師の仕事について考える「男性看護学生交流会 プロフェッショナルを目指して」を3月12日、同校で開催する。

 今年で4回目を迎える交流会は2部構成。
 1部は「プロフェッショナルを目指して 男性看護師だからこそできること」のテーマでシンポジウムを開催する。
 座長は都立広尾病院看護担当科長の宮本竹彦氏が務める。シンポジストは、緩和ケア認定看護師の佐藤尚治氏(板橋中央看護専門学校)、集中ケア認定看護師の勝博史氏(都立府中病院)、訪問看護ステーション所長の中沢公紀氏(たんぽぽ訪問看護むさしの)。
 2部では「アドバイザーと共に語る 男性看護師だからこそできること」のテーマで、看護学生と先輩看護師との懇談会が開かれる。

 参加対象者は、都内の男性の看護専門学校生や看護職を目指す高校生または社会人
 時間は午後1時半から4時半までで、参加希望者は「男性看護学生交流会参加希望」と明記して、学校名、学年、氏名、連絡先を記入の上、5日までに交流会事務局までファクス042(326)3970などで申し込む。


【関連記事】
戴帽式で「看護師を長く長くやって」
男子看護学生、“女性社会”に不安も
新人看護職員への研修、23都道府県で実施予定−厚労省
「日本版NP」創設を―日看協が初の統一見解
外国人看護師候補者ら受け入れ施設、3分の1に減少

<新聞7社>販売ルール厳守で共同声明 福岡、山口(毎日新聞)
5月決着先送りも検討を=普天間移設「時間は二次的」−社民党首(時事通信)
久保が勝ち1勝1敗=将棋棋王戦(時事通信)
<天皇公的行為>統一ルール「非現実的」 政府見解公表(毎日新聞)
<訃報>長田庄一さん87歳=元東京相和銀行会長(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。