So-net無料ブログ作成

「大島幹事長の顔怖い」自民懇談会で不満(読売新聞)

 自民党は3日、谷垣総裁、大島幹事長らが出席し、衆院当選回数別の「期別懇談会」の第1弾を党本部で開いた。

 この日は当選1〜4回の議員が対象で、国会対応への批判や若手登用を求める声が噴出した。

 この中では、衆院で審議拒否戦術をとったことに対し、「国民に理解されない。予算委員会などを通じもっと発信すべきだった」などと執行部批判が続出。「国会質問でベテラン議員が出すぎ」との不満も。

 また、「幹事長の顔が怖すぎる」と、大島氏のテレビ映りにまで注文がつき、大島氏が「反省している」と答える場面もあった。

17年で322億円の赤字解消=再生計画で最終案−北海道夕張市(時事通信)
<羊>ママとじゃれあい…出産ピーク 群馬・渋川の牧場(毎日新聞)
<超電導>氷点下255度で発現の有機化合物見つかる(毎日新聞)
元親族男? 焼け跡に遺体 亀岡・放火 レンタカー押収(産経新聞)
小笠原村、父島、母島両島に2800人に避難勧告(産経新聞)

男性看護学生交流会を12日に開催(医療介護CBニュース)

 東京都立府中看護専門学校は、男性の看護学生と看護師が交流を通じて看護師の仕事について考える「男性看護学生交流会 プロフェッショナルを目指して」を3月12日、同校で開催する。

 今年で4回目を迎える交流会は2部構成。
 1部は「プロフェッショナルを目指して 男性看護師だからこそできること」のテーマでシンポジウムを開催する。
 座長は都立広尾病院看護担当科長の宮本竹彦氏が務める。シンポジストは、緩和ケア認定看護師の佐藤尚治氏(板橋中央看護専門学校)、集中ケア認定看護師の勝博史氏(都立府中病院)、訪問看護ステーション所長の中沢公紀氏(たんぽぽ訪問看護むさしの)。
 2部では「アドバイザーと共に語る 男性看護師だからこそできること」のテーマで、看護学生と先輩看護師との懇談会が開かれる。

 参加対象者は、都内の男性の看護専門学校生や看護職を目指す高校生または社会人。
 時間は午後1時半から4時半までで、参加希望者は「男性看護学生交流会参加希望」と明記して、学校名、学年、氏名、連絡先を記入の上、5日までに交流会事務局までファクス042(326)3970などで申し込む。


【関連記事】
戴帽式で「看護師を長く長くやって」
男子看護学生、“女性社会”に不安も
新人看護職員への研修、23都道府県で実施予定−厚労省
「日本版NP」創設を―日看協が初の統一見解
外国人看護師候補者ら受け入れ施設、3分の1に減少

<新聞7社>販売ルール厳守で共同声明 福岡、山口(毎日新聞)
5月決着先送りも検討を=普天間移設「時間は二次的」−社民党首(時事通信)
久保が勝ち1勝1敗=将棋棋王戦(時事通信)
<天皇公的行為>統一ルール「非現実的」 政府見解公表(毎日新聞)
<訃報>長田庄一さん87歳=元東京相和銀行会長(毎日新聞)

<インフル治療薬>強毒鳥インフルに効果 初の純国産(毎日新聞)

 国が承認審査を進めている初の純国産インフルエンザ治療薬「CS−8958」が、強毒性鳥インフルエンザ(H5N1型)に効果のあることを、東京大医科学研究所の河岡義裕教授(ウイルス学)らが確かめた。26日、米科学誌プロス・パソジェンズに発表した。

 マウスにH5N1型ウイルスを感染させて実験した。それによると、薬を投与しないマウスはすべて死に、別の治療薬「タミフル」を投与した場合の生存率は5〜9割だった。これに対し、CS−8958は7〜9割と効果が高かったほか、タミフルが効きにくい耐性ウイルスにも効果を維持した。

 CS−8958は第一三共が開発から製造まで行い、今月、国に承認申請した。年内の発売を目指している。吸引タイプで、1回の服用で効果があるとされる。タミフルは5日間続けて計10回経口する。

 世界保健機関(WHO)によると、2月17日現在の感染者は東南アジアを中心に478人(うち死者286人)。現在の治療薬には主流のタミフルとリレンザ、今年1月に発売された点滴薬ラピアクタの3種類ある。河岡教授は「タミフル耐性ウイルスの流行に備え、新しい薬を用意することが重要だ」と話す。【関東晋慈】

【関連ニュース】
タミフル販売:輸入代行業者ら薬事法違反容疑で再逮捕
タミフル:無許可販売容疑で再逮捕へ 東京の輸入業者
「タミフル」事件:個人輸入代行業者4人を釈放 大阪府警
タミフル:副作用不認定 医薬品機構側が勝訴 岐阜地裁
タミフル:輸入代行業者ら逮捕へ 違法広告容疑で大阪府警

NPOへ寄付、税額控除式に=首相が検討指示(時事通信)
訃報 南方英二さん77歳=チャンバラトリオのメンバー(毎日新聞)
「主張正しいと推察」=元Jリーガー釈放で弁護士(時事通信)
ボンドの2000GTも…往年の名車、夢の競演へ(読売新聞)
朝鮮民族は日本の「朝鮮学校統治」を容認するのか(産経新聞)

<訃報>長田庄一さん87歳=元東京相和銀行会長(毎日新聞)

 長田庄一さん87歳(おさだ・しょういち=元東京相和銀行<現東京スター銀行>会長)15日死去。葬儀は近親者のみで済ませた。喪主は長男哲夫(てつお)さん。

 戦後の混乱期に金融業に乗り出し、旧東京相和銀行を実質的に創業。積極的な預金獲得などで第二地銀上位行となったが、バブル期の融資が不良債権化して99年に経営破綻(はたん)した。経営難を繕うため資本増強を装った「見せかけ増資」事件で、虚偽の登記をしたなどとして03年に有罪判決を受けた。

盗撮の警察官を停職処分=「4、5回やった」−大阪府警(時事通信)
<訃報>谷利修己さん61歳=JFEシステムズ専務(毎日新聞)
<麻薬譲渡>「押尾被告は罪を償って」友人が起訴内容認める(毎日新聞)
高いところでは3メートルも 大津波警報・注意報が出た地域と予想される津波の高さ(産経新聞)
無登録でマンション管理 適正化法初適用 容疑の男書類送検(産経新聞)

首相の公邸改修費用、締めて470万円(読売新聞)

 政府は23日の閣議で、鳩山首相が昨年10月に私邸から引っ越す際の首相公邸の改修などで、約470万円を支出したとする答弁書を決定した。

 自民党の高市早苗衆院議員の質問主意書に答えた。

 首相官邸事務所によると、費用の内訳は、和室の床を畳からカーペットに変更した改修費と傷の修繕などの補修費が計約218万円、経年劣化に伴う内装補修費が約195万円、故障していた洗濯乾燥機2台の買い替え費が約61万円だった。同事務所は「首相が交代するたびに補修しており、今回が特別に高額な訳ではない」としている。

 公邸改修費については、自民党の与謝野馨・元財務相が2月12日の衆院予算委員会で内容をただし、首相は同日、「和室を洋風にして寝室にしている」などと記者団に説明していた。

アパート火災、子供2人死亡=3歳と2歳のきょうだい−東京・練馬(時事通信)
舛添、菅、塩崎氏らが勉強会=自民に新グループ? (時事通信)
保険代理店役員、殺人で逮捕=顧客1人暮らし女性刺殺−宮城県警(時事通信)
社民・国民新の移設案提示先送り…調整つかず(読売新聞)
郵政ファミリー企業「聖域なく見直す」亀井氏(読売新聞)

<スルガ銀行>釣り人の環境セミナー参加者募集(毎日新聞)

 スルガ銀行(本店・静岡県沼津市、岡野光喜社長)は28日、東京都港区の六本木ミッドタウンタワーで、釣り場の環境保全活動を展開するNPO法人日本釣り環境保全連盟(事務局・山梨県富士河口湖町)の代表理事・山下茂氏をゲストスピーカーに招き、環境セミナーを開催する。

 同連盟は、環境保全や社会貢献に関して優れた情報を発信した団体を表彰する環境goo大賞2008奨励賞を受賞。釣りを切り口に、川や湖で起きている環境問題を分かりやすく解説したサイトを公開している。セミナーでは、放置されたルアーなどのゴミから環境ホルモン(内分泌かく乱物質)が溶け出したり、釣り糸や針が水鳥に絡まる問題などの釣りに伴う小さな環境破壊や、釣り人中心の水質保全活動について紹介する。

 セミナーは午後2〜4時。参加自由。無料。詳しくはスルガ銀行のホームページ(http://www.d-labo-midtown.com/d-log-detail.php?id=201)。【松本修】

<ストーカー容疑>ノエビア元副社長を逮捕へ 別の女性にも(毎日新聞)
有線放送大手、無断で30年以上ケーブル設置(読売新聞)
<爆発事故>7人搬送1人重傷 北海道・飼料会社工場(毎日新聞)
【Web】アイフォーンにドラえもん出現(産経新聞)
<中3自殺>「兆候に対応せず」両親が千葉の私立中を提訴(毎日新聞)

<ベルリン映画祭>行定監督「パレード」が国際批評家連盟賞(毎日新聞)

 【ベルリン勝田友巳】ドイツ・ベルリンで開かれている「第60回ベルリン国際映画祭」で19日夜(日本時間20日未明)、行定勲監督の日本映画「パレード」が、国際批評家連盟賞に選ばれた。日本映画の同賞受賞は、09年の「愛のむきだし」に続き2年連続。

 映画は、東京のアパートの一室で共同生活をする男女の若者を通して、現代の都市生活者の表層的な人間関係を描き出す。「何が起きるか分からない展開で、現代の東京の肖像を表現した意欲的な作品」と評価された。

 同賞は各国の映画評論家が審査員となり、映画祭の本賞とは別に贈られる。

 「パレード」は藤原竜也、香里奈主演で、20日から全国公開されている。

【関連ニュース】
ベルリン映画祭:山田洋次監督「おとうと」を記念上映
ベルリン映画祭:若松監督の「キャタピラー」を公式上映
ベルリン映画祭:開幕 若松監督「キャタピラー」出品
山田洋次監督:「ベルリン」特別功労賞を受賞
宇宙ショーへようこそ:ベルリン国際映画祭にノミネート 「サマーウォーズ」に続き

温暖化基本法の議論、国民の声聞いてない 森電事連会長が批判(産経新聞)
AEDの不具合疑い328件=01年以降で−消防庁調査(時事通信)
ホッキョクグマ さよならママ 双子の送別会(毎日新聞)
<忘れ物>列車に実弾入り拳銃、巡査部長を処分 鹿児島県警(毎日新聞)
宝塚ファンのアドレス、阪急電鉄が誤送信(読売新聞)

<不明男性強殺>5容疑者を再逮捕…千葉県警(毎日新聞)

 千葉県警捜査1課などは16日、03年に行方不明になった男性を殺害したとして、東京都荒川区西尾久1、中古車販売業、大塚広宣(47)と、同県木更津市真舟5、無職、吉原健太(46)の両被告=詐欺罪で公判中=ら男5人を強盗殺人容疑で再逮捕した。5人は「身に覚えがない」などと容疑を否認しているという。

 他に逮捕されたのは静岡県沼津市大平、会社員、渡辺保司(45)▽同市本郷町、会社役員、青木啓明(53)▽同県富士市今泉4、会社役員、鈴木忠行(43)−−の3容疑者。

 逮捕容疑は03年9月9日ごろ、住宅建築工事代金の支払いを逃れるため、埼玉県北川辺町の廃屋で、千葉県市原市光風台4、大工、太田智さん(当時47歳)を殺害したとしている。

 同課によると、吉原容疑者の仲介で大塚容疑者が太田さんに住宅の建築を依頼。工事代金支払いを巡りトラブルになっていたという。【神足俊輔】

雑記帳 飼育員モデル「マルヤマン」CD発売 円山動物園(毎日新聞)
民主党に政策立案機関設置要請(産経新聞)
<訃報>吉田喜市さん89歳=元飛島建設副社長(毎日新聞)
マータイさん ショップ訪問 小田急・新宿店(毎日新聞)
<お別れの会>湯川龍二さん=3月1日、都内ホテル(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。